2017年08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫2017年10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

大きな家族のようでした。

2011.03.27 (Sun)

福島原発の事故で、くるみの木にたくさんの方が避難しにいらっしゃいました。
当時は原発が「いったいどうなるの!?」「このままだと爆発しちゃうの!?」という状況で、
みなさん、本当に"必死で"逃げて来られました。
「避難所はワンちゃんを受け入れていないので、
犬を置いていく覚悟でいたら・・・娘に泣かれて」とお客様はおっしゃっていました。
ペットは避難所に連れて行けないので、
避難区域の町には、捨てられたペットが溢れて保健所も対応しきれないそうです。

大事に大事にしていたペット、
人間が助かるためにはやむを得ない決断、
誰をせめることも出来ない、悲しい現実です。。。。

「私たちはいいからせめて若者だけでも・・」と若い方を送ってくる方もいらっしゃったし、
ガソリンギリギリでいらっしゃって、帰りのガソリンがない、とおっしゃってるかたもいたし、
中には「避難区域の親戚がガソリンがなくて動けないから」と
とんぼ返りで戻っていく方もいました。(その方のガソリンも持つかわからない状況でした。)
那須塩原駅前には、ガソリンギリギリでたどり着いて、そこから新幹線で避難した人たちの、
乗り捨てられた車が100台くらいある、といううわさも聞きました。

本当に本当に、みなさん、見えない恐怖から必死で逃げていらっしゃいました。
それを傍で肌で感じました。

くるみの木は15日から満室になりました。
ガソリンの入手が困難なため、食材の買出しにもいけず、
お客様には、当初、基本素泊まりでご利用いただき、
食事は有料にして、なるべく持参した食料を召し上がっていただいていました。

だけど・・・やっぱりこういうときって、
どんなものでも温かくて作りたての食事が一番心に効きますよね。
お客様たちが、電子レンジでおにぎりをチン!とやってるのを見て、
「あったかいものをいっぱい食べてもらいたいな~」と思って、
ある日、夕食無料カレーデー!を開催してみたんです。
するとすると、お客さんが本当に本当に喜んでくれて・・・・、
「普段はおにぎり4つも食べる息子が、2個しか食べなくて、
 おかあさんのあげるよ、といっても、いらないといっていた子が、
 "久しぶりにおなか一杯食べた"と喜んでました~~」
なんて言ってくれて。
私たちも、「サービス業」ということの原点というか、
「喜んでもらうことの喜び」を噛み締めました。

そこで2日に1回は「無料○○デー」を開催しました。
カレー、豚汁(もどき)、シチュー、野菜炒め・・・簡単な料理でしたが、
とっても喜んでくれました。
ご飯も、計画停電の最中に、大鍋で21合、ガスで炊いたりもして、
まるで"給食のおばさん"になったような気がしました。
朝食も途中からは皆さんに無料でお出ししました。
(材料がネットで買えて届くことがわかったので!)

お客さんもガソリンに本当に困っていて、徹夜で並んだり、何度も見に行っては、
余計ガソリンを使ってしまっていました。
ガソリンがなくて動けない方のために、
バス情報やガソリンスタンド情報を配ったりして、情報交換をいっぱいしました。
洗濯機も開放して自由に使ってもらって、
雑誌・漫画本・DVDも自由に利用してもらいました。

お客さんとは毎日毎日顔を合わせるうちに、
なんだか一緒に暮らしている家族のような感じになってきて、
暖かい日には、外で井戸端会議をしたり、
ウチのチビを構ってくれたり、、、いろんな話ができました。

そんなお客さんたちが、24日あたりからぽつぽつ帰り始め、
今日で皆さんがお帰りになりました。
なんだか、急にポッカリと寂しくなりました。
まだ原発は予断を許さない状況ではありますが、
当初恐れていた「大爆発」というようなことはなさそうだという判断と、
福島の町の方も、少しずつ、流通ができはじめている、ということと、
ガソリンがようやく手に入るようになった、ためです。

家で育てているブルーベリーが心配で、とおっしゃってる方もいらっしゃいました。
みなさん、おうちに帰られて、きっとホッとしたことでしょう。
状況はまだまだ悪いですし不便なこともいっぱいあるでしょうけれども。

どうか、これ以上、状況が悪化しませんように。
1週間ほどですが、家族のように過ごした皆さんがどうかお体を壊しませんように。

"次は、ぜひ、リゾートで遊びにきたいですね"なんて言ってくれて、
本当に、いつかそうなるのを楽しみに待っていますね。
お気をつけて。
21:16  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://963noki.blog130.fc2.com/tb.php/84-8bf4bc2e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。