FC2ブログ
2018年11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫2019年01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

くるみ一家、ローカル鉄道の旅に出る。

2011.12.19 (Mon)

寒い冬が近づいています。
ちょこっと"ほっこり温泉にでも・・・"と考えて、いろいろ調べているうちに、
那須の山々の裏っ側を電車が走っているのを見つけました。
「野岩鉄道」というローカル線です。
東武鉄道、会津鉄道に乗り入れして、
会津~鬼怒川~日光を結び、はたまた浅草まで行けてしまう鉄道です。
これはいつものちょこっと旅も嗜好を変えて、
ローカル列車の旅にしよう、チビ太郎も喜ぶぞ~~と思いつきで行ってきました。

那須から一番近い駅は、塩原温泉の奥にある「上三依塩原温泉口」という駅。
そこまでくるみの木から車で50分です。
塩原温泉街は雪がほとんどなかったのに、温泉街を抜けた先から突然雪景色。
(まぁくるみの木周辺も雪景色だったのですが・・・)
s-IMG_9875.jpg
↑駅はこんな感じで周りに何もなく、ローカル色の濃い、素敵な雰囲気です。
これから先の旅が、面白くなりそうでわくわくします。
電車は1時間に1本なので、乗りそびれたら大変!

今回は鬼怒川まで行く予定ですが(電車で約30分)、
湯西川温泉駅で途中下車して、バスで湯西川温泉へ(約30分)。
湯西川温泉は、平家落人集落だそうで、
本当に山深い中にひっそりとある小さな赴き深い温泉町でした。
「平家の里」へ寄ってみました。
s-IMG_9899.jpg
茅葺の昔の平家落人の家が再現されています。
s-IMG_9902.jpg
とてもいい雰囲気でした。まるでタイムスリップしたかのよう。
1月にはかまくら祭りがあるそうなので、ぜひまた来たいです。
かえりがけに「栃餅」を買ったのですが、そこのおばあちゃんも素朴な感じでとても良かった!
湯西川温泉、特に何があるってわけではないけれど、あの独特の雰囲気がとても好きなところでした。

湯西川温泉から駅に戻るバスの中で、チビ太郎はぐっすり寝てしまったので、
(チビ子はもちろん終始抱っこでぐっすり・・・zzz)
そのまま、バスで鬼怒川に向かいました。

宿に着くと、チビ太郎はおおはしゃぎ!
他のお客さんは、お年寄りの方が多く、みんな「かわいいね」と声を掛けてきてくれます。
s-IMG_9933.jpg
↑バイキング会場でもはしゃいでいるチビ太郎に、「静かにしなさい!」と叱ると、
周りのお年寄りが「楽しいんだからはしゃがせておきなさいな」なんて言われて・・・・
おじいさんたちもチビ太郎にたくさん話しかけてくれました。
チビ子を抱っこしてたら、おばあちゃまたちに囲まれて、抱っこしてくれたり・・・
なんだかぽかぽか温かい気持ちになりましたよ。

s-IMG_9957.jpg
↑部屋でもはしゃいでいるチビ太郎(と、被害者1名)

s-IMG_9965.jpg
↑スタミナ切れでバタンキューでした。ここに人間が3人、埋もれています。

そんなこんなで楽しかった"思いつきローカル列車の旅"。
帰りは、鬼怒川駅から上三依温泉口まで電車で寄り道せずに帰りました。
子連れの列車の旅は、お金も時間も体力も必要ですが、
とても赴き深くて楽しい忘れられない旅でしたよ。
s-IMG_0001_20111221142608.jpg
14:21  |  できごと  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://963noki.blog130.fc2.com/tb.php/105-ca7b1cfb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。