FC2ブログ
2009年07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫2009年09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

今日はまじめにエコロジー論。(しかも長い)

2009.08.26 (Wed)

今巷であふれているエコロジー。
よく「地球のため」「環境のため」なんて言葉を耳にしますが、
本当は、人間のため、自分自身のためですよね?環境問題って。

地球にとっては、
増えすぎちゃった人間を淘汰する自然の力が働いているだけ。
動植物の絶滅なんかも自然の流れの一部なわけで。

だから「地球のため」「地球を守ろう」なんて大きな事言ってないで、
「スミマセン、もうちょっと地球に居させてください」っていうのが、
正しい態度だと思うんです。

まぁ「地球のため」「環境のため」「地球を守ろう」っていう言葉は、
使命感や正義感を満足させる言葉だからいいのかな。
でもそのせいで、まるで環境活動が、慈善・ボランティアであるような印象を
植えつけてしまっているような気がして嫌なんです。
もっと自分たちのために切迫した、やらなければ明日はない、という状況なのに。

といっても何をすればいいかわからないし、
やればすぐ効果がわかるわけでもないので厄介です。
ダイエットや貯金と一緒ですね。
効果が目に見えればヤル気も出るんですが。

私には1歳になる子供が居ます。
今、エコ活動をサボれば、この子にツケが回ってきます。必ず。
もっと暮らしにくくなって、自然災害が多くなって、食べ物もなくなっちゃうかも!
食料戦争なんかが起こるのも時間の問題でしょう。

そう思うと「やらなければ」と気持ちが奮い立ちます。
大きなことはできないけれど、
結局こつこつ小さいことを積み重ねていくことが、一番重要だったりします。
毎日のシャワーの水を4分減らせば、どうこう、って言うじゃないですか。
コツコツが一番。

そんな思いで、くるみの木のエコキャンペーンをやっているのでありました。
エコロジーはとかく面倒なことが多いですが、
"エコ"と"うれしい""お得"を両立できるようなこと、これからも考えていきます。
なにかいいこと思いついたら、ご連絡ください。

あと企業の商品戦略には要注意です。
本当に買い換えがエコなのか、
そもそも、"エコ"なのか単なる"商品戦略"なのか、
そこらへん、見極めが肝心です。

最後に、まじめすぎたので癒しの写真を載せておきます。
ふー、深呼吸。
20080515132240.jpg
スポンサーサイト
22:05  |  つれづれ・・・  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。